各種POPのデザイン・オリジナル制作・販売【POP MARKET】

デザイン・POP・販促ツールの制作は「POP MARKET」 フリーダイヤル:0120-842-010

  • 特定商法取引法
  • 特定商法取引法
  • 特定商法取引法
TOPICS
2021-02-25 10:30:27

見てもらえる「のぼりの置き方」ってご存知ですか?

飲食店にとって「のぼり」は道ゆく人に向ける大切な販促ツールです。
のぼり旗を設置する際に、少し工夫をするだけでお客様への見え方が格段に変わり、 アピールしたいポイントを的確に伝えられます。 他店に負けない「のぼり旗」のちょっとしたコツをご紹介。
 

設置するのぼりの理想的な間隔

のぼり旗を多数、設置する場合には1m80cm間隔が望ましいとされています。
車での走行中、人が歩く歩行中の、動いている時にも、のぼり旗の内容を、見て読める間隔が1m80cmでもあるんです。
埋め尽くすほど密集させては、お客様に圧迫感を与え、肝心のお店も隠れてしまいます。
そうなっては、もったいないですよね。


 

置くだけじゃない!
色を活用した「のぼりの並べ方」ってご存知ですか?

同じセールなのに他店の方にお客さんが流れてしまう・・・いったいなぜ?というような経験ありませんか?のぼりも、新入荷・SALE・新商品・Newオープンなど、目的に合わせたデザインで効果的に並べましょう。
ただ置くのではなく、目的に合わせた並べ方もご紹介します!

 

のぼりの効果的な設置方法


のぼりを設置する際に少しだけ工夫をすることでお客様への見え方が格段に変わり、伝えたい情報を的確に伝えられます。イベントの内容やお店の雰囲気に合わせてのぼり旗の種類や色味を変えて最大限にアピールをしましょう。

のぼりの配色・並びで生み出される効果


■同じ種類の「のぼり」を並べる

全く同じ「のぼり」を多数並べることで、統一感が生まれると同時に迫力が増します。ブランドイメージを強調したい場合に有効で、訴求力も高まります。

■同系色の「のぼり」を並べる

のぼり旗の内容が違っても色味が同系色ならば、遠目には統一感があり上品に見えます。近い距離ではバラエティ豊かなお店の内容やお店のイメージをアピールできます。

■1本だけ違う「のぼり」を立てる

複数あるのぼりの中で、1本だけ違う色の「のぼり」を立てれば、その「のぼり旗」の内容を際立たせる事ができます。複数の「のぼり」を並べるからこそ効果の発揮できる方法になり、お勧めメニューや売り上げに貢献できる商品のアピールなどに向いています。

■違う色の「のぼり」を組み合わせる

全く違う配色で、内容が同じ「のぼり旗」を組み合わせると、雰囲気が華やかになり、お店自体の存在感のアピールに最適です。イベント時やセール時などの活気ある雰囲気作りに向いています。

カートを見る
商品検索





特殊加工の見積用紙

2021年04月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
2021年05月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

の日がお休みです。
その為、メールの返信・電話でのお問い合わせ・ご注文の確認や変更などができませんのでご了承ください。